メキシコ雑貨
メキシコ屋
 
トップ 商品一覧 カートを見る

                                    
毎週火金発送
コリマの大自然から
タラベラ
オハラータ
Tianguis メキシコの青空市場から
Vidrio Soplado メキシコ吹きガラス
メールが届かないお客様へ
メインカテゴリー
アウトレット セール
モバイル
お知らせ
店長まえだ
ようこそ
輸入雑貨メキシコ屋へ!

メキシコ直輸入のインテリア・雑貨・ハンドメイドの洗面ボウルやタイル、グラス、アクセサリーやちょっとした文房具まで、ここでしか出会えないもの・一点物・メキシカングッズを取り揃えました。 普段使いできる民芸品をぜひお楽しみくださいませ。
読むシリーズ
読むメキシコブリキ細工 オハラータ
読むメキシコ焼き物 タラベラ
読むメキシコ 吹きガラス
読む塩の花 アマンシャリ
読むグアナバナとアセトゲニン 目次
読む プエブロス・マヒコス
お問合せ
ブログ

塩の花 アマンシャリ

 

言い伝えでは、移民が始まるずっと昔、クユトラン潟湖でコリマン王が

アステカ皇帝にこの素晴らしい白い宝、“塩”を献上していたそうです。

 

塩の花アマンシャリはメキシコの太平洋沿岸、自然豊かなコリマ州にある

クユトラン潟湖で作られています。

mexico_map

 

500年以上前と変わらず今も同じ製法、同じ手作業で

職人たちによって細心の注意を払いながら

太陽のもとでゆっくりと手摘みされた天日塩です。

フランス語のフルール・ド・セルは”塩の花”と言う意味です。

 






  手作りされたこのお塩は、クユトラン潟湖の海水の

  最上層に自然にできた結晶です。この塩の収穫時期は

  1年に一度、3月から5月の間だけで、天候などの

  変わりやすい要因のなかで質の良い塩を作るため、

  塩の花アマンシャリの結晶を摘み取る際は木の道具

  しか使っていません。

 

 



アマンシャリができるまでを簡単にご紹介しますね。

1.潟湖の深いところから塩分が約9%のボーメ度の濃度の海水を採取します。

2.より濃度の高い海水を作るため、タンクにその海水を半月ほど貯蔵し、
19〜25ボーメ度の海水にします。

3.その貯蔵期間にもし15ボーメ度にならない場合はさらに3日ほど貯蔵します。

4.15日の貯蔵期間よりも早く25ボーメ度に達した場合は結晶化用の塩田に移し、
太陽と風の自然の力で粗塩ができるのを待ちます。

 

梱包するため、粗塩はこの後大きな袋に入れて工場に移します。

check_image

[1] 40kg入りの袋で貯蔵場に保管します。

[2] 不純物を取り除いて25kg入りの袋に入れます。

[3] 最終梱包場所へと向かい、

[4] 最終包装場所で梱包されます。
(温風乾燥機と必要に応じて挽くための機械があります。)

[5] 出荷口
(25kg、500g、250g、1gx1000入りの箱、1gx100入りの箱があります。)


アマンシャリ商品ページはこちらからどうぞ。
 

 
Copyright (C) 2011メキシコ屋. All Rights Reserved